地球温暖化による世界の水不足地の問題について

地球温暖化による世界の水不足地の問題とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

水は人間が生きていく上で欠かすことのできない重要な資源です。しかし現在では、世界の一部エリアで水が不足傾向にあるのです。

この水不足現象にも、地球の温暖化が関係していると考えられています。なぜ地球温暖化によって水が不足するのか、その原因を理解しておきましょう。

地球温暖化によって降水量や降雪量にバラつきが生じる?


地球が温暖化することによって、「異常気象」と呼ばれる現象が起こります。異常気象は猛暑や厳寒などの気温の変化や、台風やハリケーンの発生率の増加に加えて、降水量や積雪量の変化をも引き起こします。

降水量や降雪量が年間を通して減ってしまえば、当然ながら水不足が発生する可能性があります。

スポンサーリンク


また、年間を通しての降水量や積雪量に問題がなくても、ある一定期間だけ降水量や降雪量が増加して、そのぶん他の期間に激減してしまうなど、時期によってのバラつきが生じることも危険です。一定期間に予想外の降水量の激減が発生し、蓄えておいた水でまかなうことができなければ、深刻な水不足問題につながります。

地球の温度上昇によって水の蓄えが困難に


空から降ってきた雨や雪は、ほとんどが地面に吸収されます。地面に吸収された水の多くは空気中に蒸発してしまいますが、そのうち蒸発せずに河川まで流れ込んだ水が、人間が生活に使用できる水資源となります。

また、寒いエリアでは冬に降った雪が春先まで溶けずに残っていますが、この雪も水を蓄える役目を果たしてくれているのです。

しかし地球が温暖化して気温が全体的に上昇すると、雪が春先まで残らずに溶けてしまったり、地面に吸収された水の蒸発量がアップしてしまい、人間の使用する水を十分に蓄えておくことができなくなってしまうのです。

農業に使用する水は世界年間需要量の約70%


みなさんもご存知の通り、水は農業や工業、そして各家庭で毎日使用する大切なマテリアルです。特に、農業に使用する水は世界年間需要量の約70%に値するとも言われています。

もし水が不足したら農業にも大きなダメージを与えることになりますので、当然のことながら食糧不足に陥る可能性もあるのです。水が不足している原因は必ずしも地球温暖化だけが原因ではなく、世界の人口増加や発展途上国の経済成長によって、水の消費量がアップしたことも関係しているという説もあります。

しかし、地球の温暖化が何かしらの形で影響を与えていることは確かですので、生活に支障をきたすほどの深刻な水不足問題に陥る前に、地球温暖化解決のために努力を進めていきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加