地球温暖化対策のための税について

地球温暖化対策のための税とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球温暖化が私たちの暮らす環境や経済に悪影響を与え始めている今日、一日でも早い問題解決が求められています。

そんな中で現在注目を集めているのが、地球温暖化対策を促進するために平成24年10月設定された「地球温暖化対策のための税」です。

二酸化炭素排出量の削減が目標


現在、地球温暖化の最大の原因とも言われている二酸化炭素排出量の削減は、全世界共通の重要な課題となっています。

そこでこの二酸化炭素排出量の削減をより積極的に進められるように、「地球温暖化対策のための税」が設定されました。これは二酸化炭素排出量を減らすために、再生可能エネルギーを積極的に利用したり、省エネ活動をより活発にすることを目的としています。

スポンサーリンク


日本で本格的にスタートしたのは平成24年ですが、ノルウェー、オランダ、イギリスなどの世界各国では、同目的のシステムが1990年以降にすでに続々とスタートしています。

日本もようやく、地球温暖化対策に国を挙げて本格的に乗り出したという証でもあり、この税制導入は日本の環境問題対策に関する姿勢を示す画期的なものとなるでしょう。

最終的には私たち消費者が負担


では「地球温暖化対策税」の具体的な課税内容を理解しておきましょう。従来日本では、原油やガソリンや石炭などの燃料には「石油石炭税」と呼ばれる税金が課税されていました。

この税金は化石燃料を輸入する業者や採取者などが支払うもので、それを利用する事業者や個人消費者に課税されるものではありません。この「石油石炭税」に、さらに上乗せで、税金が徴収されるようになったのです。

これも「石油石炭税」と同様、それを利用する事業者や個人消費者に直接課税されるものでありませんが、実際には燃料の価格に反映されるため、最終的には私たち消費者が負担していることとなります。

3年半の間に3段階に分けて実施


従来の「石油石炭税」の徴収額は燃料の種類によって異なりますが。例えば原油や石油製品は1キロリットルにつき2,040円、石炭は1トンにつき700円と設定されていました。

これに「地球温暖化対策税」としてさらに税金が上乗せされるわけですが、「地球温暖化対策税」は二酸化炭素の排出量に応じて金額が決定します。二酸化炭素の排出量1トンにつき289円と設定されています。

この税制導入によって消費者や事業に急な負担がのしかかることを避けるために、「地球温暖化対策税」は平成24年にスタートしてから、3年半の間に3段階に分けて実施される予定になっています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加