地球温暖化の防止策について

地球温暖化を防止するためには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球温暖化を防止するためには、私たちひとり一人の心がけが大切です。どんなに小さなことからでも、温暖化の防止に貢献できます。数ある防止策をしっかりと理解して、普段の生活を見直してみましょう。

普段の生活を工夫して二酸化炭素排出量を削減


地球温暖化防止策として最も重要だと考えられているのが、「二酸化炭素排出量の削減」です。私たちの暮らす日本は、世界で4番目に二酸化炭素排出量が多い国だということもきちんと心に留めておきましょう。

二酸化炭素は人間が呼吸をする際に体外に排出されるだけではなく、私たちの普段の暮らしの色々なシーンで空気中に排出されています。例えば、私たちが毎日使っている電力を供給するために、石油やガソリンを燃焼させた際にも二酸化炭素が発生します。

スポンサーリンク


また、自動車などの乗り物からも二酸化炭素は排出されているのです。二酸化炭素の排出量を減らすためには、普段の電力使用量を減らす努力をすれば良いのです。エアコンや照明の利用を控えるだけでも、地球温暖化防止に貢献ができます。

最近は二酸化炭素排出量の少ない「電気自動車」や電力使用量をセーブできる「省エネ家電」など、地球に優しいアイテムも多数登場していますので、買い物をする際にはそういったアイテムをセレクトするのもオススメです。

オゾン層破壊の原因となるフロンガスの使用を制御


現在破壊が進んでいると言われる「オゾン層」を守るため、オゾン層の破壊の原因となるフロンガスの使用を控えることも地球温暖化防止策の一つです。現在は先進国を中心に、フロンガスの生産が中止されるようになりました。

しかし、この取り組みがスタートした1995年以前に生産されたエアコンや冷蔵庫などの家電製品には、フロンガスを発生させてしまう商品もあります。そしてこれらの家電を不法に廃棄することも、フロンガスの発生につながります。古い家電はきちんとメーカーに処理を依頼しましょう。

紙資源を大切にして森林伐採をセーブ


森林は空気中の二酸化炭素を吸収してくれる役割がありますので、森林が減れば二酸化炭素の量が増加し、地球温暖化を加速させることになってしまいます。また、木材は他の資源と比較すると製品に加工する際のエネルギーが少ないエコ資源でもあります。

森林の余分な伐採を減らすためにも、紙資源を大切に扱いましょう。買い物をする際には成分表示灯を確認して、再生紙を利用した商品を積極的にセレクトしてみてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加