地球温暖化による日本への影響について

地球温暖化による日本への影響とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在世界的な問題となっている地球温暖化ですが、すでにその影響は日本にも及んでいます。地球温暖化は、「遠い将来、どこかで何かが起こる」というレベルの問題ではありません。

すでに私たちの身近なところで発生している「リアルな問題」だと認識して、早急に改善に努める必要があるのです。

日本でも様々な異常気象が発生


日本では近年「猛暑」や「厳寒」などの現象が発生しています。また、人間の生活に被害をもたらすほどの集中的な豪雨や豪雪などの発生率も拡大傾向にあります。

これらの異常気象現象にも、地球温暖化が関係していると考えられています。猛暑は「熱中症」など夏特有の疾患発生率を増加させるので、人間の健康に被害を与える可能性があります。

スポンサーリンク


今は熱帯地域でしか発生しない「マラリア」などの伝染病の発生アリアが、日本にまで及んでしまうこともあります。

集中的な豪雨が発生して水量が増加すれば洪水を引き起こし、人命を危険に晒すこともあります。このように、異常気象は人間の生活に大きなダメージを与えかねないので十分な注意が必要です。

海面上昇によって島国日本は危機的状況に?


現在地球温暖化問題の中でも特に注目を集めている「海面上昇現象」に関しても、日本への影響は甚大になると予想されています。日本は島国ですから、海面が上昇すれば陸地が減少し、当然のことながら人間の生息スペースが減ることになります。

生息スペースが減れば、農作物の栽培面積や家畜の飼育面積が減少し、食糧不足問題が発生します。また、真水の確保が困難になったり天然資源が枯渇したりと、多数の悪影響が懸念されます。

それに伴って経済的な混乱が生じ、貧困率や失業率の増加につながることもあるでしょう。

日本全体が「エコ生活」に移行


様々な被害が懸念されていますが、それを回避するための取り組みが日本国内でスタートしています。

「京都議定書」で掲げている「1990年と比較して温室効果ガスの排出量を日本全体で6%削減する」という目標達成に向けて、政府や企業が協力して色々な試作が実施されています。

例えば「省エネ家電」「エコカー」「エコハウス」など、地球環境に配慮した商品が発売されています。エコにつながる商品やサービスに関して、免税や補助金などの優遇措置がとられることも増えてきました。

このように、現在は日本全体が「エコ生活」に移行しつつあります。今後も「エコ」試作は、日本人の生活や経済に大きな影響を与えることになるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加