地球温暖化と日本の冬の寒さについて

地球温暖化で日本の冬は寒くなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球温暖化と聞くと、誰もが「気温が上昇する」というイメージを持つかもしれません。しかし、実はこのまま地球の温暖化が進行すると「日本の冬は今よりも寒くなる」という見解もあるのです。

確かにここ数年、日本の冬は異例の大雪や全国的な寒波に見舞われています。これらは単純な自然現象ではなく、実は地球温暖化が影響している可能性が高いのです。

シベリア沿岸部を移動する低気圧のルートに変化


なぜ地球温暖化が進行することによって日本の冬が寒くなるのか、そのメカニズムを理解しておきましょう。まず大きな原因は、地球温暖化による北極の氷の減少です。現在北極海の氷の面積は、地球温暖化によって過去最小を記録しました。

ある研究者たちの調査により、氷の量が減少することで、シベリア沿岸部を移動する低気圧のルートに変化が発生するという結果が明らかになりました。

スポンサーリンク


通常は東に移動するはずのシベリア低気圧が、氷が少ない年ほど、北よりのルートに変更される傾向が強いということが分かったのです。

このルートの変化によって、より強い寒気が南方向、つまり日本方面にも押し出しされているというのです。

海氷の持つ断熱効果に関係している?


温暖化が進行することで日本の冬が寒くなるもう一つのカギは、海氷の持つ断熱効果に関係します。海氷は太陽から吸収した熱を反射効果によって遮断したり、逆に地球の持っている熱を溜め込む働きがあります。

つまり、地球の温度をコントロールしてくれる「断熱材」のような働きを持っているのです。しかし現在は、温暖化によって海氷の量が年々減少傾向にあります。

これによって、地球はせっかく吸収した熱をキープすることができず、どんどん大気へ放出してしまうのです。このような現象が、世界各地の冬の寒さに拍車をかけている可能性もあります。

北半球では「異常低温」と呼ばれる厳しい寒さも


異常に寒い冬に見舞われているのは日本だけではありません。気象庁の調査によると、アジア・中近東・オーストラリアでも、平年より気温を下回る寒い冬が近年たびたび発生しています。

北半球では「異常低温」と呼ばれるほどの、厳しい寒さに襲われている年もあります。そもそも「地球温暖化」とは、単純に気温がどんどん上がっていくことを指し示す言葉ではありません。

地球が温暖化することによって様々なメカニズムに乱れや悪影響が生じることで、今までにはない異常な事態が発生すること全般を「地球温暖化」と呼ぶのです。

つまり、冬が寒くなるという異常な現象も、地球温暖化現象の一環なのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加