地球温暖化による動物への影響について

地球温暖化による動物への影響について

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たち人間の生活が豊かになったことで引き起こしてしまった地球温暖化問題。これは私たち人間だけに悪影響を与えることではなく、もはや地球上に生息するすべての動物たちにも危険が及んでしまう深刻な問題となっているのです。

地球温暖化によって発生する様々な異常気象や気候変動が、多くの動物たちにダメージを与えているということを理解していますか?

北極や南極に生息する寒冷地帯の動物たちに危険が


地球温暖化による被害を最も受けている野生動物と言えば、北極や南極に生息する寒冷地帯の動物たちです。

特に、ホッキョクグマやアザラシ、ペンギンなどは急速に生存率が低下していると言われています。温暖化によって地球の気温が上昇し、北極や南極エリアの氷がとけ始めています。

スポンサーリンク


アザラシの赤ちゃんは、生まれてから数週間は氷の中の穴で生息しています。しかし思いがけず早いタイミングで氷がとけてしまうと、アザラシの赤ちゃんは冷たい海の中に投げ出され、冷えや飢えのために命を落としてしまうのです。

氷を活用して狩りをしているホッキョクグマも、氷が無くなれば狩りの効率が低下して、十分なエサが確保できません。結果、生存率や繁殖率の低下につながります。

南極のペンギンは気温の変化や降水量の乱れなどの異常気象によってストレスを受け、近年頭数が激減しているというデータもあります。

ジャイアントパンダやトラも絶滅の危機に?


その他にも、世界中に温暖化によって危険な状態にさらされている動物がいます。例えば、中国のジャイアントパンダが代表的です。パンダは食料の99%が笹であり、笹以外のものはほとんど食べることができないといわれています。

しかし笹は急激な環境の変化に耐えることができないデリケートな植物なので、地球温暖化による異常気象で近年急速に分布範囲が減っているのです。この状態がずっと続くと、パンダが食料を確保できなくなり、生存が厳しい状況に陥ります。

ガンジス川付近のスンダーバンズという土地には、広大なマングローブ林が存在します。ここはトラの最大の生息地と言われている場所です。温暖化によって海面が上昇し、このマングローブの森が海の中に沈んでしまう可能性も出てきているのです。

そうなれば、トラたちが住む場所を失ってしまいます。また、砂浜に卵を産むウミガメ類にも、地球温暖化による被害が押し寄せています。温暖化によって砂浜の温度が上昇すると、ウミガメのオスが産まれなくなってしまう可能性があるのです。

オスとメスのアンバランスは繁殖率の低下につながり、結果、ウミガメも絶滅の危機に晒されてしまうのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加