地球温暖化の農業への影響について

地球温暖化の農業への影響とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球温暖化はすでに、私たちの生活のさまざまなところに影響を与え始めています。もう、地球温暖化は遠い将来の問題ではなく、非常に身近な問題なのです。

私たちが生きていくうえで欠かすことのできない食料にも、その悪影響が発生しているという現状をみなさんはきちんと理解していますか?

地球温暖化による異常気象で農作物に被害が


地球温暖化によって、世界中の農業に悪影響が発生する可能性があると言われています。たとえば、地球温暖化による異常気象によって発生する降水量の乱れなどです。

雨の降るパターンや量は、多くの農作物に大きな影響をもたらします。現在地球温暖化による気候変動によって豪雨が発生したり、日照りが続いたりというアンバランスな気候に悩まされている地域もあります。これによって、多くの農作物の収穫量が減少してしまいます。

スポンサーリンク


また、台風やハリケーンなどの自然災害も、農作物の大敵となります。日本でも近年台風の発生する頻度や規模が拡大傾向にあり、これも地球温暖化が関係しているのではないかと分析されています。

日本では台風が頻発するシーズンがちょうど米の収穫時期と重なるために、特に警戒が必要となります。また、地球温暖化によって冬の積雪量も減少傾向にあります。

冬に溶けずに春先まで残っている雪は、春先の作付けの際に貴重な水分となります。雨だけでなく、雪の現象も農作物にはダメージとなるのです。

大農業国と言われる中国やアメリカでも、降水量低下による農作物被害に悩まされています。

食糧自給率の低い日本は、現在多くの食料を海外からの輸入でまかなっているため、世界各国の農作物被害も決して他人事ではありません。

海面上昇や気温アップも農業の妨げに


また、海面が上昇することによって陸地が減少すれば、当然農地面積も減少することになります。

これで農作物の収穫量が減ることになりますし、農業を生業としている人々にとっては経済的なダメージにもつながります。

そして地球温暖化によって気温が上昇すると、農業の大敵である害虫の発生数が増加するとも言われています。寒さに弱い害虫が越冬できるようになるために、害虫の繁殖が活発になったり、南方から新種の害虫が侵入してくる可能性もあります。

さらに地球温暖化で気温がどんどん上昇すれば、高温に耐えられない農作物の栽培が困難になってしまいます。寒冷な土地や気候を利用して栽培されている野菜などは、栽培が不可能になる恐れもあるのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加