地球温暖化と酸性雨の関係について

地球温暖化で酸性雨が増える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球温暖化による様々な悪影響のひとつとして「酸性雨」が近年問題になっています。酸性雨というキーワードを耳にしたことがあっても、具体的にはどんな存在なのかを理解していない人も多いのではないでしょうか。

酸性雨は世界のどこかで起こっている現象ではなく、すでに日本でも発生している身近な問題なのです。今回は酸性雨の発生する原因、被害、そして改善策などをご紹介します。

自動車や産業工場から排出される大気汚染物質が原因


酸性雨が発生する主な原因は、自動車や産業工場などから排出される大気汚染物質です。この大気汚染物質が雲となり、その雲が有害物質をたくさん含んだ強い酸性の雨を降らせてしまうことによって発生する現象です。

大気汚染物質の主な原因は、硫黄酸化物と窒素酸化物だと言われています。これらの物質は、工場や火力発電所から出る硫黄物を燃焼した際に発生したり、火山の噴煙で発生することもあります。

スポンサーリンク



そして私たちが普段利用している自動車からも、排気ガスとして排出されてしまうのです。硫黄酸化物と窒素酸化物以外にも、メタンやアンモニア、一酸化炭素なども酸性雨の原因となることがあります。

近年では、工業化が活発となっている中国から偏西風などの影響によって大量の大気汚染物質が日本に流れてきているというニュースも世間をにぎわせています。

人間の生活や自然環境にも大きなダメージが


酸性雨は私たちの生活に大きなダメージをもたらしてしまいます。中国では酸性雨を「空中鬼(空に潜んで人間を苦しめる鬼のような存在)」と呼んでいるほどです。酸性雨が降って湖や沼などに有害物質が溶け込むと、そこに生息している魚やプランクトンなどの生物が死滅してしまいます。

森に降り注いだ場合も同様に、そこに住む生物にダメージを与えるだけでなく、木々を枯らして森を砂漠化させることになってしまいます。世界には酸性雨が原因となって砂漠化した「黒い森」と呼ばれるエリアも存在します。

そして地下水に酸性雨が流れ込めば、私たちの飲料水も汚染されることになり、それが様々な病気や健康被害をもたらす可能性もあるのです。

酸性雨を防ぐために大気汚染物質の量をセーブ


酸性雨を防ぐためには、普段の生活の中で排出される大気汚染物質の量を減らすことが大切です。世界では2000年から「酸性雨モニタリングネットワーク」という団体が活動をスタートしました。

酸性雨の原因となっている大気汚染物質が、どのエリアからどのくらい排出されているのかをリサーチしています。この調査結果をもとに、世界中で大気汚染物質の排出をセーブする試みが始まっています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加