地球温暖化による異常気象について

地球温暖化による異常気象とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「地球温暖化」=「単純に地球の気温が上がるだけ」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、気温がアップする現象だけが「地球温暖化」ではありません。地球温暖化は、さまざまな異常気象を引き起こす可能性があると言われています。

世界各国で「厳寒」現象が発生


地球温暖化によって発生する異常気象は、遠い未来に起こることではありません。すでに私たちの暮らす日本にも、その影は押し寄せているのです。ここ数年、日本では「猛暑」と呼ばれる異常な暑さが発生しています。

その一方で、「厳寒」と呼ばれる冬も訪れています。ここ数年の冬の異常な寒さにも、温暖化が関係しているという説があります。

地球温暖化によって北極の氷が溶けて減少することで、シベリア沿岸部を移動している低気圧のルートに、変化が発生しているという研究結果が出ています。このルートの変化によって、より強い寒気が日本方面にも及んでいるというのです。

スポンサーリンク


また、海氷は地球の温度をコントロールする「断熱材」に似た機能を持っています。温暖化によって海氷が減少すると、地球は熱をキープすることができず、冬の寒さに拍車をかけてしまうのです。

異常に寒い冬が続いているのは日本だけではなく、アジアやオーストラリアでも、「異常低温」と呼ばれる事態が発生しています。

地球温暖化によって降水量や降雪量にも変化


地球温暖化によって、降水量や降雪量にも変化が起こるといわれています。特に南極では温暖化で海の氷が溶け出すことで水循環が活発になり、降雪量が増えているというデータが出ています。

また、アメリカやヨーロッパなどの一部地域では、洪水の被害が過去よりも拡大している傾向にあると言われています。しかしその一方で、雨が降らずに日照りが続く「干ばつ」に悩まされている地域があります。

ハリケーンや台風、集中的な豪雨や豪雪にも要注意


地球温暖化によって、ハリケーンや台風などの発生率や規模がアップしているというデータもあります。日本でも人命が危険に晒されたり、経済的なダメージを与えるほどの集中的な豪雨や豪雪が発生しているので注意が必要です。

一部では「このまま温暖化が進めば地球は氷河期に突入する」という説も浮上しています。これらの異常気象は、必ずしも地球温暖化だけが原因となっているわけではありません。

しかし「地球温暖化が何かしらの形で影響を与えている確立は高い」として、現在も世界で調査が進められています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加